鶴岡市・酒田市・庄内町・遊佐町を中心に創業38年。パッシブデザイン、自然素材、高性能住宅にこだわる設計事務所&建設会社です。

有限会社 桂建設

【長期優良住宅】

長期優良住宅とは、その名のとおり「長く安心して住むことのできる家」のこと。

「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から「いいものをつくってきちんと手入れをして、大切に長く使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(=長期優良住宅)を普及させるため「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立、平成21年6月4日に施工されました。

【長期優良住宅の認定基準】

1.劣化対策

数世代にわたって住宅の構造躯体が使用できること


2.耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷レベルの低減を図ること


3.維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い設備配管について、維持管理(点検・清掃・補修・更新)を容易に行うため必要な措置が講じられていること


4.省エネルギー性

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること

5.居住環境

良好な景観の形成、その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること


6.住居環境

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること


7.維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検、補修等に関する計画が策定されていること

「長期優良住宅普及促進に関する法律」による基準を満たし、且つ「都道府県の認定」を取得する必要があります。

【長期優良住宅のメリット】

〈その1〉
税の特例措置を受けられる

長期優良住宅に認定されると、住宅ローン減税制度の控除対象限度額が一般住宅の4,000万円よりも高い、5,000万円に引き上げられます。住宅ローン減税制度は、年末の住宅ローン残高または住宅の取得対価の少ない金額の方の1%が10年間所得税、住民税から控除されるため、10年間で最大500万円の控除が受けられることになります。

長期優良住宅に関する特例措置(国土交通省のサイトへ遷移します)

〈その2〉
地震保険料の割引が受けられる

長期優良住宅では、認定基準に定める耐震性が求められます。長期優良住宅の認定を受け、技術的審査適合証と認定通知書を提出すると、建物の耐震性に応じて地震保険の割引を受けることができます。

〈耐震等級割引〉
(割引率)耐震等級2  30%
(割引率)耐震等級3  50%

〈その3〉
補助金を受けられる

地域型グリーン化事業の採択を受けたグループに属する中小工務店で木造住宅を建てた場合、補助金を受けることができます。長期優良住宅はこの制度の「長寿命型」に該当し、補助対象経費の一割以内の額で、住戸一戸あたり最大110万円が支給されます。

地域型住宅グリーン化事業 令和2年度採択グループ一覧(PDF)

〈その4〉
住宅ローンの金利引き下げを
受けられる

フラット35Sの金利優遇を受けることができます。

<金利Aプラン>
フラット35の借入金利を当初10年間、年0.25%引き下げ

フラット50
返済期間の上限が50年間、住宅売却の際に購入者へ住宅ローンを引き継ぐことが可能です。
フラット35S(住宅金融支援機構のサイトへ遷移します)

私たちは、これまでも長期優良住宅の設計施工を行い、
これからも「いい家をつくって、きちんと手入れをしながら長く受け継がれる住まい」をつくり続けます。

長期優良住宅

【国土交通省の認定基準の概要】

 

〇劣化対策「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること」
通常想定される維持管理条件下で、構造躯体(建物の骨組み)の使用継続期間が少なくとも

100年程度となる措置が必要。点検やメンテナンスのために、次の2点が求められる。

・床下と小屋裏(屋根と天井の間の空間)の点検口を設置

・点検等のための床下空間に一定以上の高さを確保(木造の場合330㎜以上)

〇維持管理・更新の容易性

「構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)

を容易に行うために必要な措置が講じられていること」
建物を長期に使用すると、途中で水道管やガス管、

下水道管などを取りかえなければならない部分がでてくるため、

将来、構造に影響がでないよう容易に交換が行えるようにする。

耐震性「極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修を容易にするため、

損傷レベルの低減を図かること」
建築基準法の基準の1.25倍の地震に耐えることが求められる。

〇省エネルギー性

「必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること」
省エネ法に規定する平成11年省エネルギー基準(次世代省エネ基準)に適合すること、

屋根、床、壁、天井、開口部の断熱性能を高くすることが求められる。

居住環境「良好な景観の形成その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものであること」
地区計画、景観計画、条例によるまちなみ等の計画、建築協定、

景観協定等の区域内にある場合には、これらの内容と調和が図られることが求められており、

所管行政庁により、詳細な基準がある。

住戸面積「良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること」
住みやすさの点から、住居に一定の広さが要求。木造一戸建てでは、

少なくとも一の階の床面積が40㎡以上(階段を除く)、

床面積の合計が75㎡以上であることが必要。ただし、55㎡を下限として、

所管行政庁により引上げ引下げられることがある。

〇維持保全計画

「建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること」
・構造耐力主要部分 ・雨水の侵入を防止する部分・給水・排水の設備について、

点検の時期・内容を定め、「維持保全計画」(認定に必要)に記載する。

少なくとも10年ごとに点検を実施することが求められ、

最低でも30年間の実施が義務付けられている。

 

長期優良住宅とは、その名のとおり「長く安心して住むことのできる家」のこと。
「つくっては壊す」フロー消費型社会から、「いいものをつくってきちんと手入れをして、大切に長く使う」ストック型社会への転換する社会の変化に相応した家づくりの考え方で、耐震性、省エネルギー性、メンテナンス性等を備えた質の高い住宅です。
技術的には「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」による基準を満たし、且つ「都道府県の認定」を取得する必要があります。
私たちは、これまでも長期優良住宅の設計施工を行い、これからも「いい家をつくって、きちんと手入れをしながら長く受け継がれる住まい」をつくり続けます。

 

認定長期優良住宅のメリット 長期優良住宅の認定を受けることによって、住宅ローン控除の優遇や、所得税の減税、住宅ローンの金利優遇、地震保険料の割引など国の支援を受けることが可能です。

表 【タップで大きく表示する】
  一般住宅 長期優良住宅
所得税(ローン減税) 控除期間 10年間 控除期間10年間
居住年 控除対象限度額 控除率 最大控除額 居住年 控除対象限度額 控除率 最大控除額
R3.12.31まで 4,000万円 1.0% 400万円 R3.12.31まで 5000万円 1.0% 500万円
所得税(投資型減税)   R3.12.31まで 650万円 10% 65万円
登録免許税 (1)保存登記

1.5/1000(R2.3.31まで)

(1)保存登記 1.0/1000(R2.3.31)
(2)移転登記 3.0/1000(R2.3.31まで) (2)移転登記 2.0/1000(R2.3.31まで)
(3)抵当権設定登記 1.0/1000(R2.3.31まで) (3)抵当権設定登記 1.0/1000(R2.3.31まで)
不動産取得税 1,200万円控除(R2.3.31まで) 1,300万円控除(R2.3.31まで)
固定資産税 戸建(120㎡まで)1~3年目 1/2軽減(R2.3.31まで) 戸建(120㎡まで)1~5年目 1/2軽減(R2.3.31まで)

お問い合わせ