鶴岡市・酒田市・庄内町・遊佐町を中心に創業37年。パッシブデザイン、自然素材、高性能住宅にこだわる設計事務所&工務店の桂建設です。

有限会社 桂建設

blogブログ

未完の世界遺産

2020.02.14
  • 年末年始スペイン「サグラダ・ファミリア」を見てきました。2005年に世界遺産として登録されたアントニ・ガウディの作品は一度は見たいと思っていた建築物のひとつ。実物を見ると壮大なスケールの外観や内観に圧倒されます。
  • 1882年の着工から今年で138年、長い工期の理由の一つは、そもそも明確な設計図が存在せず、ガウディ本人のスケッチ1枚と実験模型を手掛かりに推測しながら工事を進めるしかなく、時間と建築費用がかかるから。右の逆さ吊り模型(フニクラ)は、無数のワイヤーと錘を天井から吊り下げたもので、ワイヤーが描く自然な曲線をそのまま上下反転させると「サグラダ・ファミリア」の形になります。
  • もともと着工から完成まで300年の期間を要すると言われていましたが、2013年、工期が大幅短縮されることが明らかになり、ガウディの没後100周年にあたる2026年に完成する予定に。近年は3D設計ソフトや3Dプリンタ、CNC(コンピュータ数値制御)などの先端ITの活用で作業工程が格段に上がり急ピッチで進んでいるそうです。

 

  • サグラダファミリア礼拝所の内部「ステンドグラス」「巻貝状の螺旋階段」と展望台から見た景色。

お問い合わせ